各週快楽だったドラマが終了してガッカリ

オープニングがあればおわりがあるのはわかっていても、好きなものの完了はもの悲しいものです。
今日、ボクが至高かなしいのはドラマ「重版デキ!」が終わってしまったことです。
1物語眼からドッブリはまり、回を追うごとにのめり込んでいきました。
飽くまでドラマですから状態とは異なるポイントがあるでしょうが、
編集人という売り買いの熱さ、難しさが思い切り押さえる作でした。
人当たりの良い人ばかりでも、質るそれぞればかりでも、ハート満々なそれぞればかりでも乏しいのが団体だ。
実際の私の仕事場にはドラマよりも常に不愉快友人もいますし、
オダギリジョー君が演ずるような素敵な親分は一人もいません。
自分だってドラマのヒーローのような真面目で有力性質ではありません。
かえって、絶えずクレイムチマチマで辞めたいと思っている品種だ。
状態との格差は十分に理解していても味わえるのがドラマの良さです。
各週、ドラマに励まされては仕事していたような気がします。
空いてしまった心の穴は台本の単行本を購入して閉じる了見だ。http://www.mailsphere.co/